無料通話アプリでオナニーの見せ合いに発展した

公開日:  最終更新日:2018/11/07

テレビ電話と同じ感覚で無料通話アプリのビデオ通話を利用してます。wi-fiだから定額制で使い放題だって聞いたもので。自宅のパソコンは家族共有なので、スマホでの利用です。それでもline掲示板に行けば誰かがいますから。問題なくやってます。最初は友達同士で登録して、無料通話ラッキー!って思っていたのですが、携帯電話でも無料通話あるし、わざわざパソコン立ち上げてーの作業が面倒になってくると、リアルな友達はもう誰も使わなくなりましたね。なので僕のやりたい放題ですw

エッチな見せ合いの相手を募集した所

初対面の女の子にもメッセージを送りまくって、チャットしようと誘ってみたり。深夜のほうが人少ないせいか案外簡単にOKしてくれるよ。プライベートメッセージで送ると受信拒否されることもしばしばwなので掲示板に出てるユーザーにまんまアタックかけるほうが高確率かな。一応、家族と共有パソコンなので、カメラはつけてません。マイクはその都度セッティングしているけど、これも必要あったりなかったり。どっちでもいいかなって。イヤホンだけあればOKな気がするな。相手の声が漏れるとさすがに恥ずかし。できたら女の子とイチャイプしてみたいんだけど、それ言うとすぐに切られちゃうんだよ。ノリの悪い女の子ばっかり。夜なんだからちょっとくらいエッチでもいいと思うんだけど。ものすごく稀にそういう女の子に当たることもあるんだけど、途中でやめちゃう子が多くてテンション下がるよ。

LINE(ライン)での見せ合いはモザイクなしでクッキリ丸見え

「んっ、イキそぉ」
「待って、もっとよく見せて」
「あぁんっ、イクっイクっ」

LINEのビデオ通話機能を使ってオナニーを見せあい。ディスプレイに女性の性器がはっきりと映るように初めからカメラをセットしてもらって濡れている割れ目と勃起した肉棒を晒し合いました。指の動きがよく分かるような角度で。イヤホンから漏れてくる女の吐息がリアルすぎて鳥肌が立つ。本当はスピーカーでエッチボイスを出したいところなのだけれど、壁の薄い我が家の事情ではイヤホンじゃないとご近所迷惑かとw元々は性器の見せ合いが大好きで、週3はセフレとオナりあってたよー。沖縄の女は大胆でいいよー。積極的だしね。

ライブチャットアプリで過激な見せ合い

おっぱいを晒して視線を集めオナネタにされたい、他人に見られ興奮する女性が多いから抜きたい時に最適。
ただ経費がかさむね。適しているプランのはずなのに。そう考えたらこっちだとユーザー同士ならタダで通話できるし、いきなりオナるよりも、最初にちょっとお喋りでもしてムード作ってからのほうが女性はすんなり応じてくれるから。時間かけてもパケット通信だから普段の契約でいけるなーって。そうやっていつもオナ電しつつ、会おうよとお誘いをかけてみる。9割フラれるwたまには自分の左手じゃなくて、女性の口や穴に差し込んでグッチャグッチャしたいー。使い方はスカイプも出会い系サイトも同じようだけど、会える率がこっちのほうが低いなぁ。顔写メじゃなくて映像として顔と声が分かるっていうメリットはあるけど、リアルが欲しくなると使えないね。

オナ電で見せ合いができるライブチャットアプリ紹介

「見せ合いアプリ<出会い系サイト」
最終的な目的にもよるけどね。ずっと会わなくて見せ合いを楽しむだけでいいならもう出会い系サイトは必要ないね。

見せ合いオナニーのイメージ映像


見せたがり女と僕のオナニー見て欲しいドM男性が見せ合いっこしたら、どっちがイヤラシイか競っているみたいです。ウェブカメラで見せ合いしていても相手にひとりhを見せつけたいので、しこしこしてるか指でクリトリスをこすっているかどちらか。

オナニー見せ合いアプリを使ってみた

溜まってムラムラしている時にマッチングアプリで出会って仲良くなって見せ合いしたいなら最適です。
iPhoneアプリなので最初はスカートの中を見せてもらった。ドキドキしながらセクシーな下着姿を見られて感じる様に仕向けて行こう。パンチラを鑑賞したら胸チラに移ろう。胸の谷間は巨乳しか無理というが、貧乳は乳首チラがのぞけるからそれもありです。恥ずかしがっている表情を見ながらパンツの中を見せて貰おう。興奮している素人娘は濡れやすく既にオマンコがクチュクチュなっておりパンティに染みが見られます。

全裸になる事を言ってオナ指示しましょう。視姦している旨を伝えいやらしく言葉責めします。電マをクリに当てるとビクンビクン痙攣します。これこそ生中継オナニーライブの醍醐味です。責めているだけでは面白くないのでオナニーのお手伝いをしてもらいましょう。ペニスをしごいてもらい射精するのです。普通のオナ動画みるより相互オナニーはかなり中毒性がありますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑